TOP会社概要会社概要社長挨拶スタッフメッセージ業務内容CSR宣言環境方針環境への取り組みプライハ ゙シーポリシー
所長営業スタッフ技術スタッフ



当社のフォークリフトは、運送業や倉庫業、製造業のほか、農業や漁業を営む個人の方々からも支持されており、小樽営業所においては7割以上のお客様が第一次産業に携わる方々です。その背景には、トヨタのブランド力や製品力も影響していると考えています。とりわけ乗り心地と安全性能の高さは、当社製品の強みの一つといってもいいでしょう。

そして、当社が誇る一番の魅力は「人材」です。
当社は通常の小売とは違い、製品の良さだけで購入を決めている方は少ないと考えています。その最たる動機は、営業マンやエンジニアの存在ではないでしょうか。うだるような暑さの日も、大雪が降る日も、営業マンやエンジニアは何度もお客様のもとを訪れ、お客様の悩みに共感し、お客様が笑顔になる提案をする。その姿勢を評価してくださった上に、製品購入というアクションがあるように思えるのです。

そのような社の宝である人材が「辞めない会社」にすることが、拠点長を務める私の役割です。コンプライアンス、安全の徹底はもちろん、従業員に「ここで働けてよかった」と思ってもらえる環境づくりを目指していきます。結果、「担当者が変わらない」というお客様の安心感につながり、より確かな信頼関係を築いていけると信じています。
▲戻る
▲ページトップ

所長営業スタッフ技術スタッフ





当社は、社内にて職種変更によるキャリア形成が可能です。実は私も、エンジニアとして入社しましたが、より多くのお客様と接し、さまざまな知識を持ったビジネスマンとしてスキルアップをしたいと考え、2015年より営業職に異動しました。

昨今、技術職も接客スキルが求められる時代ですが、人と話すのが苦手なエンジニアは少なくありません。ですが、当社は違います。その理由は、フォークリフトなど特殊車両を販売しているからではないでしょうか。フォークリフトなどは自動車とは異なり、故障・点検の際は、当社エンジニアが一人でお客様のもとへうかがい作業を行います。そのとき、車両のことや物流に関するご相談などを受けることもあり、いわば営業も兼ねた対応が求められるのです。この経験があったことから、すんなりと営業職に移れたと感じています。

現在、札幌中央卸売市場にて営業活動を行っていますが、エンジニア時代の経験が大いに生かされています。例えば、営業訪問した際にお客様より車両の不調を言われても、私には専門知識があるので、不具合カ所を特定できるのです。そこでの判断をエンジニアへ伝えることで、万全の準備で修理作業にあたることができ、迅速で確かな対応が可能となります。こういった点もお客様の満足度につながっているのではないかと考えています。
▲戻る
▲ページトップ

所長営業スタッフ技術スタッフ





学生時代、居酒屋でアルバイトをしていて、そこで接客の面白さややりがいを感じました。それがきっかけで営業職に就きたいと考えるようになったのです。
さまざまな企業を調べているとき、大学時代の恩師から「トヨタL&F札幌」のことを教えていただきました。このとき初めてフォークリフトのことを知ったのですが、産業車両なので新人であってもやりがいのある大きな取引を任せてもらえるのではないかと思い、入社を決めました。

現在、農業や漁業に携わる個人のお客様を中心に担当させてもらっています。当社の営業は完全テリトリー制で、すでにお取引のあるお客様への営業が基本ですが、ときには飛び込み営業も行っています。このとき、営業職の宿命といいますか、最初はあまりいい顔をされません。ですが、何度も通ううちに顔を覚えてくれて、次に名前を覚えてくれて、そして、毎日一生懸命通ってくれるから何か買ってあげるよと。そう言ってくださったときの感動、一から自分で顧客開拓した達成感、今でもはっきり覚えています。

今後の目標は、お客様に信頼されるスタッフになること。まだまだ勉強中ですが、これからも積極的にお客様と関わっていき、物流のこと、お客様の業種のことなど幅広い知識を養っていき、「困ったことがあったらトヨタの白川に」と思い出していただけるような存在になりたいです。
▲戻る
▲ページトップ

所長営業スタッフ技術スタッフ





フィールドエンジニアとは、自分専用のサービスカーでお客様のもとへ出向き、現地で修理・整備・点検をする整備士のことです。自社工場で働く整備士との大きな違いは、お客様の使用環境に応じて、より便利に機械を使えるようさまざまな提案を行うところです。例えば、よくパンクして困るとご相談されたら、全部がゴムでできていてパンクすることがないノーパンクタイヤを薦めたり、海風が当たって機械が痛むと言われたら塩害防止の塗装を提案するなど。少しでもお客様の負担が軽くなり、業務がスムーズに運ぶお手伝いをしています。

そのようなお客様との関わりの中で、もっとも思い出深いものは、あるお客様から「一生懸命やってくれるから、佐藤さんから新車を買うよ」と言っていただいたこと。僕はただ、お客様に喜んでいただきたくて、整備士としていろいろな提案をしたり、困っていることはないかと何度も足を運んでいただけです。想像もしていなかったお客様からの申し出に、自分という存在が認められたようで嬉しさでいっぱいになりました。

今後も、引き続きお客様に喜んでいただけるサービスをお届けできるよう努力するのはもちろんですが、これからは、年齢・キャリア的にも自分のことだけでなく後輩の育成などにも力を入れていきたいと思います。先輩たちが築いてきたものを引き継ぎ、さらに魅力ある会社になるよう貢献していきたいです。
▲戻る
▲ページトップ

所長営業スタッフ技術スタッフ






ショップエンジニアは、店舗に併設している工場で、フォークリフトやショベルなど当社産業車両の修理・点検・整備を行うのが仕事です。各拠点の中でも中央支店は入庫数が多く、一日平均5、6台が当店に運ばれてきます。それを、僕を含めた3名のショップエンジニアで担当しています。

仕事をする上で肝に銘じていることは「安全」です。フォークリフトは重い荷物を運ぶための機械なので、重量物を持ち上げて油圧装置をチェックしたり、フォークを上げ下げして荷役装置の動作を見るなど、自動車にはない点検項目がいくつかあります。それらを行うとき周囲への安全確認を怠ると、人が機械に挟まるといった大事故になりかねません。 そのような事故が起きないよう細心の注意を払いながら、スケジュールどおりに作業を終えお客様に納車できたときは、安堵感とともに大きな達成感を覚えます。

また、これまで以上にプロとしての技術を磨きたいと考え、「トヨタ産業車両技能検定1級」に挑戦。2016年、合格しました。1級は一人前の証であり、取得することで任されることが多くなり、責任も大きくなってきます。それに比例して、やりがいも大きくなってくるので、さらなるスキルアップが望めるのではないかとワクワクしています。
▲戻る
▲ページトップ

所長営業スタッフ技術スタッフ